東京でマンションリフォームを!オシャレ事例から選ぶリフォーム会社ナビ

マンションのバリアフリーリフォーム

マンションのバリアフリーの費用相場

バリアフリー住宅とは障害物がない家という意味です。車椅子や松葉杖でも段差などがないため自由に動きまわることができ、年をとっても楽に暮らすことができる家です。

バリアフリーにするためのリフォームには、手すりの取り付けなどの小規模なものから、ホームエレベーターをつけるなどの大規模なものまであります。

そのため、費用も数千円から1,000万円単位まで幅広い価格のものがあります。

その中で最も件数が多いのが100~200万円で中心価格帯は400〜500万円、目安は500万円ほどを見ておいたほうがよいでしょう。

マンションのバリアフリー施工事例

介護を楽しむ家

ポイント1

リビングの事例

(引用元:LOHASstudio公式HP
https://www.okuta.com/jirei/
jirei/201404/150535.html)

リビングとベッドスペースが腰壁で間仕切りされていますが、その壁の一部にリビングを眺める窓を造作され、様子を寝ながらでも見ることができる配慮がされています。

そして通路の両端から出入りができる回遊動線で、どこからでも移動は楽に行えます。窓にはインナーサッシを施工しました。

ポイント2

玄関の事例

(引用元:LOHASstudio公式HP
https://www.okuta.com/jirei/
jirei/201404/150535.html)

車椅子で回転できるほどの広いスペースのある玄関。上り框を低めに造作し、歩く人にも出入りする際の負担を軽減しました。

転倒防止にベンチと手すりを設置。座りながら靴も履けます。土間には防音マットを床には遮音材が施工してあります。収納は明るい色調のパイン材です。

ポイント3

洗面室の事例

(引用元:LOHASstudio公式HP
https://www.okuta.com/jirei/
jirei/201404/150535.html)

木目調で優しい雰囲気の洗面室。天井には調湿性能や脱臭性能に優れている珪藻土を施工してあります。

固定棚やベンチは肌さわりの良いパイン材。車椅子でも入れるよう通路は広くしてあり、楽に介護が行うこともできます。

ポイント4

通路の事例

(引用元:LOHASstudio公式HP
https://www.okuta.com/jirei/
jirei/201404/150535.html)

車椅子も通れるゆったりした幅員の通路です。無垢ナラ材やPタイルを場面に応じて使い分けました。建具は引き戸なので、開いたドア部分が移動の邪魔になることもなく、車椅子を自分で動かせられるとひとりでも開け閉めして移動することがが可能です。 デッドスペースを活用して収納を造作されています。

施主感想

介護がしやすい家をということで各所に工夫や暮らしやすさの設計が散りばめられたこのリフォーム。施工中から両親は住むのを心待ちにしていました。介護する側も楽しく毎日の生活ができるように、自分の好きな空間ができて嬉しい。

対応会社感想

従来の間取りを一から見直して、車椅子や介助者を伴っての「動きやすさ」、そして介護をされる側とする側の両方の「快適さ」にも一歩踏み込みました。お互いが気持ちよく暮らせる間取りや動線へと家全体を再設計しました。

(引用元:LOHAS studio
https://www.okuta.com/jirei/jirei/
201404/150535.html )

バリアフリーをやるべきタイミング

バリアフリーの施工はいつ行うことがベストでしょうか?実は、バリアフリーと防犯リフォームは何かがあってから急いで行う人が多いのです。

早めの準備をしたいところですが、将来の全てを見据えた完璧な施工をすることは難しいものです。

これは個人住宅のバリアフリーは個々の事情によってリフォーム内容が異なるためです。いざ、必要となった時にそこに造作したり、設置できたりするようなスペース作りや、可動式にしておく部分などで下準備だけをしておくのもよいでしょう。

DIYで対応できる部分

敷居など床の段差を解消するミニスロープなら、DIYリフォームでも簡単に作ることができます。

ドアや敷居の小さな段差は、一人での車椅子の通行ができなくなるだけではなく、小さな子どもや妊娠中の女性、お年寄りにとっても非常に危険でなものです。

そのため、段差解消は年齢に関係なく、安全に暮らすための基本のバリアフリーリフォームとされています。

こちらはあってかえって不便ということはないので、なるべく早く対策しておクと便利です。滑って動かないように、しっかりとつけましょう。

バリアフリーを意識すべき箇所

最も怪我をする人の割合が多いという浴室。浴室の床は滑りやすく、段差があるのも大変危険です。

また、浴槽のまたぎ高さも注意が必要です。またぎやすい高さは、洗い場から浴槽の縁まで40cm前後。高すぎても低すぎても転倒や転落の危険につながります。

車椅子や杖を使用する場合はドアにも配慮しなければなりません。引き戸は進路を邪魔せず、開けやすく閉めやすい形です。

部屋の中は床に注意が必要です。滑りにくく、柔らかい感触のもコルク材であれば転んだ時の衝撃も軽減できます。

また、年をとるとトイレが近くなるのでリフォームの際には、寝室からトイレに行きやすいような間取りも意識しましょう。

バリアフリーの問題点

バリアフリー工事は、階段の勾配をゆるやかにする、架け替える、廊下の幅を広げる、水まわりを新たに作るなどのような大きな工事になりがちです。

そのため、リフォーム費用がかさむことも多々あります。またバリアフリー用の設備を取り付けたことで、他の家族が使い難くなってしまうケースも。

そのような時は間取りの工夫をしながら計画を立てましょう。コストを下げるのには、簡単に取り付けられる設備建材を活用したり、バリアフリーリフォームには減税や自治体による助成金、介護保険など様々な補助制度があるので積極的に利用していきましょう。

防犯リフォームに関するポイントはチェックできたでしょうか?ポイントを頭に入れた上で参考事例を確認し、よりよいリフォームができるように参考にしてみましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3
  • グッドデザイン賞受賞間取り変更/スケルトンリフォームなら

    リノマンション施工事例

    引用元HP:リノマンション公式HPより
    URL:http://renomansion.jp/example_detail.html?id=543

    施工事例を
    詳しく見る
  • 住まいのリフォームコンクール受賞水廻りリフォームなら

    三井のリフォーム施工事例

    引用元HP:三井のリフォーム公式HPより
    URL:https://www.mitsui-reform.com/mansion/parts/kitchen/

    施工事例を
    詳しく見る
  • JERCOデザインコンテスト受賞で壁や床などの内装リフォームなら

    スタイル工房施工事例

    引用元HP:スタイル工房公式HPより
    URL:https://www.stylekoubou.com/sekou/works/sekou_s78.html

    施工事例を
    詳しく見る