東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションでの床暖房リフォーム

床暖房リフォームにかかる費用相場

床暖房設置リフォームの費用や価格についてまとめました。

床暖房を設置する方法には既存の床に直貼りする方法と全面張り替えする方法があります。

が目安の金額になります。

ただし、床に直貼りする場合は床の高さが1.2~1.8cmほど高くなってしまいます。

部分的に床暖房をつける場合、つまずく可能性があるので段差をなくす工事が追加で必要になるでしょう。

また、温水式床暖房で給湯器などの増設が必要な場合の熱源機設置費は、別途約25~100万円ほど必要になります。

リフォーム費用以外に考慮するべきポイント

床暖房を設置すると、使用するたびに常に光熱費も発生することになります。この光熱費にかかるコストは選択する熱源機によって異なってきます。

つまり、効率の良い熱源機を選ぶと、光熱費が抑えられるのです。

ガスや灯油を使用する「温水式」では、「熱源機」と呼ばれる床暖房対応の給湯器などを専用床材と一緒に設置しなければならないので、「電気式」に比べて初期費用が高額になります。

しかし、ランニングコストは抑えることができます。

そのため長時間の使用や広範囲での使用であれば温水式の方がお得で、使用する部屋が限られたり、頻繁につけたり消したり繰り返すのであれば、電気式の方がお得に使用できます。

また地域の電気・ガスの料金によっても異なるので、生活スタイルに合う形を選択しましょう。

床暖房の種類と選び方

床暖房には主に2種類あります。

温水式床暖房の特徴

ガスや電気を使用する熱源機(給湯暖房機)で温めた水を、床下のチューブに通して床板のパネルに循環させます。暖まるまでが電気式に比べると速くて、部屋全体を同じように暖めることができます。広い部屋や複数の部屋でも、温水を作る熱源機が1台あれば全体暖めることが可能なので電気代も節約できます。
温度の上昇は40度程度なので、低温やけどの心配はありません。
ただし、メンテナンスの費用や手間は必要になります。

電気式床暖房の特徴

電熱線や炭素繊維などの発熱体を組み込んだパネルを使って床を暖めます。

適温になるまで時間がかかり、電気線の結合部分で温度にムラできます。他の暖房器具を併用して使わなければならないので電気代もかかります。

長時間使うと体が接している面が高温になり、低温やけどをするおそれもあります。

しかし、システムがシンプルで、温水式と違い熱源機の設置がいりません。工事費用も抑えることができます。

また、設置した後も定期的メンテナンスの必要はほぼありませんし、割安な深夜電力で蓄熱できるタイプもあります。

床暖房リフォームの設置手順

様々な選択肢があるため、通常のリフォームのように事前にしっかりと検討することが大切です。将来を見据えてどのようなプランが合うのかプロとしっかり相談しましょう。

  1. 床暖房を設置する場所と範囲を決める
  2. 設置する床暖房の種類を選択する
  3. 床下の状態を確認して、工法を選ぶ
  4. 既存の床の上に設置する場合→リモコンなどの設置場所の確認→工事段階へ
  5. 既存の床を撤去して設置する場合→リモコンなどの設置場所の確認→床材の選択→工事段階へ

工事段階

温水式床暖房の場合

  1. 床を剥がす(既存の床の上に設置する場合はこの工程は無し)
  2. 床暖房パネルを設置
  3. 床暖房パネルと温水配管をつなぐ
  4. 床材の敷設(既存の床の上に設置する場合はこの工程は無し)
  5. 室外機と温水配管の接続
  6. リモコンの設置
  7. 試運転

電気式床暖房の場合は

  1. 床を剥がす(既存の床の上に設置する場合はこの工程は無し)
  2. 電熱パネルを敷設
  3. 床材の敷設(既存の床の上に設置する場合はこの工程は無し)
  4. 配線・コントローラーなどの設置
  5. 試運転

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社の選び方には以下のようなポイントがあります。

複数の業者に見積もりをお願いするのは、床暖房の場合だけではありません。

どこをリフォームするときにも必ず複数の会社に見積もりをとって、その比較をしてみることが良い会社を選択できるコツだからです。床暖房を設置する相場やそれぞれ提案してもらったプランもよく考慮して、最善の会社を選択しましょう。

また、マンションの配管や電気、水道、ガスの設備は特有の仕組みがあります。マンションの施工について詳しい知識を持っている会社に依頼しましょう。

床暖房を設置するポイントや選択の方法はチェックできたでしょうか?ポイントを頭に入れて、参考事例を確認して、よりよいリフォームができるように参考にしてみましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3