東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションでキッチンリフォーム

マンションのキッチンリフォームにかかる費用相場

キッチンのリフォームの費用はキッチンの種類と材質や機能のグレードによって異なります。

キッチンの種類は大きく分けるとI型、L型、対面型の3種類に分けられます。

また、キッチン自体のグレードも大きくは3段階くらいに分けられます。

キッチンの種類とグレードを合わせた金額の目安は以下のようになります。

マンションは全体的な排水管や排気ダクトの位置が決まっているので、キッチンの場所を動かせない場合もあるのですが、動かせる場合でも追加で費用が30万~50万程度かかってしまいます。

リフォームでできることできないこと

マンションのキッチンリフォームではできることとできないことがあります。

マンションのリフォームは管理規約で制約がある場合や、構造上、施工できない建物もあります。

リフォームができない可能性があるものとしては、

などがあります。

マンションはキッチンの位置を動かすことができない場合があります。

それは配管の位置や造りによって異なります。床下に余裕がある場合はキッチンの移動は可能ですが、その移動可能な範囲は状況によって異なります。また、階下の天井裏を排水管が通る場合は移動はできません。

IHヒーターに変更する際は200Vの電圧が必要な場合が多く、電気容量を上げられるかによって可否が分かれてきます。

特に古いマンションの場合、電気供給量に制限があって難しいことも多いようです。

希望の床でできるかはマンションの管理規約によります。設備や建材に関しても制限する場合があるためです。

マンションのキッチンリフォームをする際の注意点

マンションのキッチンリフォームをする際には管理規約に注意しなければなりません。一戸建てのように好きなようにできるわけではなく、この管理規約で細かく定められていることが多いためです。

それぞれのマンションで内容は違いますが、よくある規約には以下のようなものがあります。

その中で使用できる材質が限定されたり、電気の容量が増やせなかったり、大きなサイズは設置できなかったりなど希望が通らない場合もあります。

リフォームに管理組合の承認が必要なマンションもあるので、計画を立てる前にしっかりと事前に確認しておきましょう。

リフォーム会社の選び方

マンションのキッチンリフォームにおけるリフォーム会社の選び方には以下のようなポイントを確認するとよいでしょう。

なぜ得意だと良いのでしょうか?それはキッチンを安く仕入れることができる、失敗しやすいところを知っている、キッチンリフォームの経験が豊富な職人が多くいる、ということが可能な会社だからです。

そのため、コストを抑えることができ、更に技術力のある施工を受けることができるのです。

キッチンリフォームをするポイントや選択の方法はチェックできたでしょうか?ポイントを頭に入れて、参考事例を確認して、よりよいリフォームができるように参考にしてみましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3