東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションでの水廻りリフォーム

水廻りのリフォームの費用相場

水廻りのリフォーム価格の相場について以下にまとめました。

バスルーム

台所

トイレ

水廻りで考慮するべきポイント

水廻りのリフォームを行う際の注意すべきポイントをまとめました。リフォーム検討にぜひご活用ください。

バスルームでの注意点

システムバスへと変える場合、かなりの重量のシステムバスを支えるための土台が必要になります。

一般的にはコンクリートを分厚く敷設しますが、十分に乾燥させるための日数がかかります。しかし、簡易化した工法ではなく、コンクリートでしっかりと土台作りをしましょう。

節水したいときは、洗い場と浴槽用に水栓が分けられているのを1つにまとめることがポイントです。

キッチンでの注意点

人気のオープンキッチンは、調理の音や煙、臭いなどがダイニングやリビング全体まで広がりやすいので十分な検討することが必要になります。

浴室とキッチンリフォームに共通する注意点

古い配管は鉄製が多く、さらには錆など腐食がすすみ、壁の中で水漏れを起こすことがあります。給水給湯配管などは屋外部分も含め、すべて新しく取り替えましょう。

トイレでの注意点

近年人気のタンクレストイレは種類によって水圧が低いと汚物を流せない、という欠点があります。十分な水圧があるか確認しましょう。

配管について

一般的なマンションの建物自体は50年以上の寿命があると言われています。

しかし、その内部や外部の配管はそういうわけにはいきません。最も弱い部分として挙げられるのが配管などの水廻りです。

その老朽化が建物の寿命そのものに影響を与えてしまうことがあり、マンションをより長く良い状態に保つためには、配管の管理はかなり重要なポイントになります。

また、マンションの配管は特有の仕組みのものが多く見られます。この専門的な知識やノウハウを知らない業者にお願いしてしまうと、後々、水漏れ等の原因にもなりかねません。

マンションでは高圧洗浄で排水管のメンテナンスをするのが一般的なので、それに対応した配管を使用することや配管の劣化度をチェックすることも大事です。

マンションリノベーションに関して信頼できる施工会社に依頼しましょう。

マンションの水廻りは特に老朽化しやすい箇所ですが、リノベーションをするといっても、マンションの配管の仕組みなどを知らずに施工を行うのは危険でもあります。上記の水廻りでリノベーションを行う際のポイントを復習して、実際、施工された事例を確認してみましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3