東京23区ハイクラス向けマンションリフォーム会社ナビ

理想の住まいをリノベーションで実現!東京のマンションリフォーム最前線

HOME » ファミリー向けマンションのリノベーション事例集 » 壁を取り除いて、開放感のあるリビングに

壁を取り除いて、開放感のあるリビングに

ファミリー向けのマンションを全面リフォームした事例のうち、ここでは壁を取り払うことで開放感のあるリビングに生まれ変わったケースについて見ていきましょう。

リビングは家族が集う場所ですから、できるだけ開放感のあるゆったりとしたスペースでありたいもの。
そんなニーズをリノベーションで実現した事例です。

マンションの全面リフォーム事例~リビング編

【case1】3LDKの壁を取り除いて、開放感のある1LDKへ

  • 築年数 25年
  • 施工費用 1110万円
  • 工期 75日

マンションリフォーム事例3LDKの中古マンションを、「二人暮らしで使いやすいスペースにしたい」というニーズのもとリノベーション。

リビングとほかの部屋を仕切っていた壁を取り払うことで、リビング・キッチン・ダイニング・ベッドルームまでが、ひとつの空間でつながることに……。

洗面室には小窓を設けることで最低限のプライバシーは確保しており、開放的で、かつ機能的な空間に生まれ変わっています。

常に夫婦二人が存在を確認しあえることで、より強い絆で結ばれていくことでしょう。

 

【case2】廊下を中心に、家族がつながる家(3LDK→2LDK)

  • RC構造 5階建マンション2階
  • 面積 77.84m2
  • 家族構成 30代の夫婦+娘

マンションリフォーム事例リノベーション前の部屋は、室内に解体できない壁がある構造(壁式構造)だったため、大きく空間が3つに分断されていました。

分断された空間をつなげるべく、廊下を中心にした間取りに改修。

リビングはダイニングと一体化させることで広々とした空間を生み出し、キッチンからも全体が見渡せるようになりました。採光も良くなり、家のなか全体を明るくしています。

素材も、各所にホワイトオーク床材、モザイクタイル、ガラス、古木などをバランスよく組み合わせ、オーナーの個性をやさしく演出しています。