東京でマンションリフォームを!オシャレ事例から選ぶリフォーム会社ナビ

新築マンションVS中古物件リノベーション

どちらがお得かシミュレーション

リフォームのタイミングはいつが最適なのでしょうか?もちろん、築年数が長くなり、老朽化が激しくなればなるほどリフォームにかかる費用は大きくなっていきます。そこで、ここでは一般的な築年数と費用の目安をご紹介します。
専有面積70平方メートルのマンションの場合、
築年数が

が一般的な修繕費の予算の目安です。
中古住宅の建物はそのメンテナンス状況によって上下しますが、だいたい築10年で新築時の半額、築20年でほぼゼロの査定が目安になります。中古物件を購入する場合、リフォームすることによって快適に住めるようであれば、新築住宅に比べて安価でお得なポイントになります。
(引用元:スーモ調査結果 https://suumo.jp/article/oyakudachi/
oyaku/ms_chuko/mc_renovation/
c0twn036/
ホームプロHP
https://www.homepro.jp/used/
used-cost/6362-pt )

中古マンションでもリノベーションすれば新築に勝てる?

新築マンションと中古マンションにはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

このような認識を多くの方が抱いているのではないでしょうか。

しかし、選択肢に中古マンションにリノベーションを行うというプロセスを加えると、「新築>中古物件」というイメージだったものを「新築ではないが、それに非常に近い状態の中古物件」という印象に変化させることができるのです。
更に価格面においても、

部門別比較

中古物件をリノベーションすることを前提とした場合、新築マンションと比べてどちらがより理想の住まいをお得に実現しやすいのでしょうか。

ロケーションでは?

中古リノベーションがよりお得
好アクセスエリアはすでに建築物で埋まっているので、新築で物件を建てるのはほぼ無理。中古リノベーション物件の人気エリアであればあるほど多く、そこに住めるチャンスも増えます。

コストでは?

中古リノベーションがよりお得
中古物件は新築よりもコスト面で圧倒的に優位。リノベーション費用を上手く抑えることができれば、新築以上の住まいを低コストでも入手可能です。

自由度では?

中古リノベーションがよりお得
一度構造体までリセットしてから作りなおすため、間取りや素材にまでこだわりを活かせます。

外観デザインでは?

新築物件がよりお得
新築物件の外観の美しさは言わずもがな。最新の洗練されたデザイン性も新築ならではの魅力です。

内装デザインでは?

中古リノベーションと新築物件は同程度といえるでしょう。
中古リノベーションはまったく新しく作りなおすため新築と変わりません。また、汚れ知らずの清々しい内装は新築ならではのものです。

セキュリティでは?

新築物件がよりお得
マンション自体のセキュリティ機能が強化されていたり、警備会社のセキュリティサービスに加入しているケースも増えています。現状では各戸のドアや窓のロック機能、シャッターなども標準となりつつあります。ただし、中古物件でも大家や管理会社の意向で最新のセキュリティを導入している物件もあるため、一概には判断できません。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3
  • グッドデザイン賞受賞間取り変更/スケルトンリフォームなら

    リノマンション施工事例

    引用元HP:リノマンション公式HPより
    URL:http://renomansion.jp/example_detail.html?id=543

    施工事例を
    詳しく見る
  • 住まいのリフォームコンクール受賞水廻りリフォームなら

    三井のリフォーム施工事例

    引用元HP:三井のリフォーム公式HPより
    URL:https://www.mitsui-reform.com/mansion/parts/kitchen/

    施工事例を
    詳しく見る
  • JERCOデザインコンテスト受賞で壁や床などの内装リフォームなら

    スタイル工房施工事例

    引用元HP:スタイル工房公式HPより
    URL:https://www.stylekoubou.com/sekou/works/sekou_s78.html

    施工事例を
    詳しく見る