東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

DIYでマンションリフォーム

リフォームをDIYでする場合のメリット

DIYでセルフリノベーションのメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

セルフで行うことによって得られる大きなものとしては2つあります。

それは費用をおさえることができることと知識や技術を習得できることです。自分の手で、材料も自分で手に入れるので業者に依頼するよりも低コストになることは間違いありません。

また、DIYでセルフリノベーションを行うとなると、材料や方法についても様々な基礎知識や基礎技術がなければ、完成することは不可能です。

業者任せにせずに1つ1つ検討しながら、デザインやふさわしい素材を吟味することは自分磨きにもなるでしょう。

また、自分でできることから好きなデザインや素材を利用し、リノベーションを進めることができることもメリットの一つでしょう。

自分で手をかけるので、大切に扱うようになったり、壊れたときは自分でも修復可能な場合も多くあります。ただし、仕上がりはプロのような仕上がりにはなかなかならなかったり、市販されていない特別な素材は手に入りにくいので、そこに関しては注意すべきでしょう。

リフォームをDIYでする場合のデメリット

DIYでセルフリノベーションのデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

主なデメリットとしては

が挙げられます。

DIYのセルフリノベーションは地味な作業も多く、体力や忍耐が必要です。普段、仕事をしながらなら尚のこと、その大変さは想像以上のものです。

工期も長くなれば長くなるほど、その士気も下がってしまいがちになります。やるべき作業のプロセスを計画立て、完成まで続けるという強い覚悟が必要です。

また、マンションで管理規約に従いながら作業する必要があります。

素人ではできない部分もあるので(資格が必要になる箇所など)、事前に管理組合に工事内容を相談しましょう。

普段やり慣れないことや初めての作業も多いセルフリノベーションにはケガをする危険性をはらんでいます。工具の使い方も正しく習得し、作業に適した服装や資材・工具の管理もしっかりして、作業しやすい環境を作りましょう。

マンションの場合、DIYでできる範囲

マンションは管理規約で取り決めがある建物です。その規約で禁止されていることは実施できません。

リノベーション自体を禁止しているところもあるので、リノベーションを思い立ったら、必ず確認し、事前に管理組合にも相談しましょう。

また、大規模な改築・改修の場合は建築基準法の基準に触れる可能性もあります。役所で確認申請をしましょう。

次にセルフリノベーションで簡単に行える部分には以下の2つがあります。

  1. 床材や壁紙の張り替え
  2. 壁面の塗装

壁紙や床材には既存のものの上から重ねて張れるものやノリつきのものが市販されています。また、綺麗に剥がれるものなどもあり、賃貸で原状回復しなければならない場合などはこのような商品を使用しましょう。

塗料で塗りたい場合には、壁紙の上から塗れるものがおすすめ。張り替えや塗装は部屋の雰囲気や環境に合っているものを選択しましょう。

DIYでやってはいけない箇所

マンションの場合は、まずはやってはいけない箇所やそもそもリノベーションが可能かどうか、管理規約をきちんと確認することが大切です。

そして管理組合に一度確認してからリノベーションを行うといいでしょう。

素人が工事をしない方が良いところはいくつかあります。まずは電気や水道、ガスなどの設備。

工事には資格が必要な場合もあるので、専門知識を持っている業者や施工会社に相談しましょう。漏電や火災、ガス漏れ、水漏れの危険もあります。

また、キッチンやトイレの位置を変えるなど配管を触ったり大幅な変更も、施工会社に依頼すべきでしょう。

他には壁や天井を抜く作業の場合なども、重要な支えになっているものもあるので、専門家に相談してから行いましょう。

DIYをする際の注意点

上記の点を確認し、リノベーションが可能だとわかってもそれだけで安心はできません。工事の最中に騒音や粉塵が生じて近隣住民からクレームが出たり、ゴミが大量に発生したりと様々なことに配慮しなければなりません。

近隣住民への挨拶や、作業時間の制限(昼間に限定するなど)などトラブルにつながらないように対策をとるのは必須です。

また、作業中には大量のゴミも発生します。小さいものならば家庭用のゴミに入れても大丈夫ですが、大きいものや大量の廃材が出た場合は住んでいるところの自治体に問い合わせしましょう。

計画を立てて困難に感じる箇所は無理に工事せずに業者に任せる判断をするのも賢い選択です。

専門会社に依頼することで解決

専門知識や資格が必要とされる水回りや電気配線、ガスの配管などは正しく施工されない場合、重大なトラブルを引き起こすことも考えられます。

その時には自分の家族のみならず、同じ建物に住んでいる方や地域の方々にも迷惑となってしまうこともないわけではありません。

このような箇所は自分では触らずに、プロに任せましょう。ほとんどの専門業者は保証書を発行してくれます。

施工後に何等かの不具合が生じた場合は保証が適用される場合もありますが、自分で行った場合は全て自分の責任で直すしかありません。

セルフリノベーションをする場合は安全に確実にできる部分のみにしましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3