東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションリフォーム時の管理組合とのやり取り

管理規約に関して

「管理規約」とは住人共同の利益を守り、良好な住環境を確保するためのそのマンションの管理組合が定める規範のことです。

そのマンションに住む住民は必ず管理規約を遵守しなければなりません。

管理規約の多くには「専有部分の修繕等」というような記載があり、リフォームする際の手続きの方法や規約が細かく定められています。

リフォームを行う際には必ず計画を立てる前に目を通しましょう。また、この規約は変更されることもあるので、直前にも確認することが必要です。

事前に必要な申請

まずは工事の計画を知らせる申請書を管理組合に提出する必要があります。

一般的には、「いつ、どこで、だれが、なにの工事を行う」という内容で、事前(工事開始の1ヶ月前などできるだけ早く)に提出して許可を得ます。申請書の他にも工事工程表、図面、仕様書などが必要になることも多々あります。

書類提出の他には、掲示板などに「工事のお知らせ」を貼って、工事を行うことを周知させることもトラブル回避には重要なポイントです。

リフォーム時のマナー

一番重要とされるのは近隣住民への挨拶です。

大掛かりなリフォームをする場合には、自分の両隣と上下階、両隣の上下階の8部屋の住人には必ず挨拶をしましょう。

特に音が伝わりやすい部屋には手土産も欠かせません。いつ伺っても不在で会えない場合には、手紙などで知らせることも重要です。

挨拶の際には工事時間や工事を休む日、大きな音が発生する日、大きなものの搬入がある日などを伝えることも必要です。できる限りの気配りをしましょう。

工事申請手続きについて

申請書類の提出は一般的には工事の2週間~1ヶ月前までとされています。

その際に設計図、仕様書、工程表の提出も求められることもあります。管理組合から工事承認を受けてから工事に着手することができます。

そのため、申請はできる限り、早く済ませる必要があります。ただし管理規約によっては、音があまり出ない工事(クロス貼り替えなど)は1週間前でよい組合もあります。

規約はかなり細かく変更される場合があるので、まずは、管理組合に問い合わせてみましょう。

マンション内の空きがあれば、工事期間中の仮住まいを斡旋してもらえる場合もあります。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3