東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションリフォームの騒音対策

マンションリフォーム時の騒音対策方法

リフォーム工事ではかなり大きい音が発生します。特に両隣と上下の部屋には壁や床、天井が接しているので迷惑やストレスをかけてしまう可能性が大です。そのため、最低限のマナーとして必ず挨拶まわりを行なう必要があります。リフォーム業者が近隣へ挨拶をしてまわることも多いですが、必ず自分でもまわるようにしましょう。このようにひと声かけるとトラブルに繋がることも削減できます。

また、工事をする際はその部分と工事の内容、工事期間をマンション管理組合に事前に相談して、管理規約に違反をしているところがないか必ず確認しましょう。工事が始まっても音が激しい作業は隣に接していない部屋で行ったり、級音材を使用してももらうことで騒音を減少させることができます。

管理人や隣人に事前連絡

マンションでは普段の生活でも騒音トラブルが起こりがちです。その主な要因は、リフォーム時のトラブルにも同様に当てはまることが多くあります。その主な要因としては、

などが挙げられます。

夜勤勤務がある人など生活が通常と真逆な方にとっては日中の大きな音は大きなストレスになるでしょう。赤ちゃんのいる家庭では、騒音、ホコリ、塗料の匂いなど健康問題に敏感になります。そのような様々な環境がある中で、事前に周りの人に断りを入れておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。また、苦情があった時に管理組合にも事前に工事の情報があるかないかでは対処できる範囲が大きく変わってきます。事前挨拶では、

などを伝え、周りへの配慮を示しましょう。

業者が行う騒音対策

業者側にやってもらえる騒音対策にはどんなものがあるのでしょうか?以下に業者に対処してもらえる事項をまとめました。

マンションの管理規約で工事ができる時間が決まっている場合が多くありますが、基本的に長く在宅する可能性が高い週末や祝日には工事を休みにしたり、音が出ない作業をしたりすることでトラブルを回避できる可能性が高くなります。また、平日の午前10時から午後5時くらいの間で工事をしてもらうようにしましょう。他には窓を閉めて作業することも音漏れを防ぐことができる方法です。

自分たちでできる防音対策

自分たちではなく、隣でマンションリフォームの工事が行われているときはどのような防音対策ができるでしょうか?隣からの音は壁を伝わって聞こえてきます。そのため、騒音が気になった場合は、吸音材を使用することで軽減することができます。吸音材を自分の部屋の壁に貼り付けると隣からの音を吸収してくれる効果があります。

工事が階下で行われている場合には、床にカーペットをひくと下からの音を軽減してくれます。音は空気を振動させて伝わってきます。そのため、音をぶつけることでも軽減させることが可能です。たとえば、窓を開けて外の音を取り入れたり、テレビやラジオをつけることによって音に敏感になるのを防ぐことができます。

騒音でのトラブル例

マンションリフォームでは様々な騒音のトラブルが起こっています。トラブルを引き起こさないように対策が立てられるようにその事例をいくつか見てみましょう。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3