東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションリフォームの管理規約を理解してトラブル回避

マンションリフォームの管理規約とはどのようなものかご存知でしょうか?その重要で基本となる情報をまとめてみました。リフォームを失敗しないように、施工する前に色々なことをチェックしてトラブルを回避しましょう。

マンションリフォームの管理規約とは

マンションリフォームの管理規約とはマンションの住人によって構成される管理組合が定めた規約のことです。この中では快適に暮らすためのルールや、建物の使用などについて決められた事項が明記されています。すべての分譲マンションにおいて購入者(区分所有者)は、管理組合に加入しなければなりません。この規約はマンションに関する制限を設けていることがあります。そのため、リフォームの際には必ず事前に確認する必要があります。

管理規約で確認するべき事

リフォームをする場合には管理規約のどの部分を確認することが必要でしょうか?注意すべきポイント等をご紹介します。

マンションの管理規約には、リフォームに関して申請書の提出だけでなく、工事のやり方、工事に使う用材や色の指定などの詳細な事項まで定められていることもあります。その中には水廻りの設備の移動禁止、配管の交換禁止などが定義されていることも。分電盤の容量やガス給湯器のサイズについては上限が決められている場合も少なくないので、必ず事前に管理規約に目を通すようにしましょう。リフォームをする際に必要になる書類としては、設計図、仕様書、工程表などがあげられます。それらを合わせて工事申請書を管理組合理事長に提出する形が基本です。この申請をしなかったり、承認が下りる前に工事をした場合、工事の差止めや原状回復などを求められることがあるので注意しましょう。

管理規約によってできる事できない事

マンションリフォームでは管理規約によってできる事とできない事があります。マンションには「共用部分」と「専有部分」があります。「専有部分」は購入した人の比較的自由が効く部分ですが、共有部分は個人が所有しているわけではないのでリフォームすることが基本的にはできません。以下に具体例をいくつか挙げてみました。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3