東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンション全面リフォームの特徴と費用相場

マンションリフォームの費用相場

マンションをリフォームするためにはそのくらいの費用が必要となるのでしょうか?その金額と分布を見ていきましょう。

平成27年度第13回住宅リフォーム実例調査によると、一戸建ておよびマンションにおけるリフォーム工事の契約金額の平均は626.2万円でした。その中でもマンションリフォームにおいては、504.3万円が平均額。金額帯別に見ると、最も多いのは「100万円超~300万円以下」が29.6%、で、次いで「500万円超~1,000万円以下」が19.9%、「1,000万円超」が17.0%ということでかなり幅広い分布が見られることがわかります。

マンション 費用 割合
504.3万円 全体平均
100~300万 29.6%
500~1,000万 19.9%
1,000万~ 17%

その中でも500万円を超えるマンションリフォームの工事では、「内装の変更」が97.3%、「住宅設備の変更」が94.7%、「室内建具の変更」が77.0%、「収納スペースの改善」が70.8%、「間取りの変更」が70.8%の比率を占めて行われています。

500万を超える
リフォーム内訳
内装変更 97.3%
住宅設備変更 94.7%
室内建具変更 77.0%
間取り変更 70.8%
収納スペース改善 70.8%

そのような大きく工事を行うリフォーム、リノベーションする手法としては、代表的な3つの方法があります。

上記がその3つです。次項ではその内容と金額についても触れていきます。

引用元:平成27年度第13回住宅リフォーム実例調査より
 (http://www.j-reform.com/publish/pdf/jitsurei-H27.pdf)

フルリフォームの場合の費用相場

大きく構造を変更したり、全面を変更するような工事には以下の3つの手法があります。

全面リフォーム

全面的に住まいに改修の手を加える方法ですべての部屋をリフォームします。住まいが老朽化して改修が必要なケースや、時代のニーズに合わせてリニューアルしたい場合にも利用されます。

全面リフォームの施工事例を見る

リノベーション

現状の壁や床の素材から配管・配線までを取り払い、新たなものを設置するリフォーム方法。スケルトン状態にしなくても工事ができる場合もあります。家族構成やライフスタイルの変化に合わせて最新の設備や機能的な設備に置き換えられます。

スケルトンリフォーム

壁や床、天井、配管・配線など、構造体以外のすべてを撤去して住まいをリフォームするのがスケルトンリフォーム。 一度、構造体(スケルトン)だけの状態にするので、そう呼ばれています。

スケルトンリフォームの施工事例を見る

フルリフォームは上記3つの中で全面リフォームとスケルトンリフォームを指し示していることがほとんどです。

それでは全面リフォームとスケルトンリフォームの費用相場を見ていきましょう。

全面リフォームでは、目安価格帯は300〜700万円で、中心価格帯は500〜600万円

スケルトンリフォームの費用と相場

目安価格帯は300〜800万円で、中心価格帯は500〜600万円でした。

大きなリフォームを行う場合はこの金額を予算として目安にしてみましょう。

引用元:ホームプロ/フル(全面)リフォームの費用と相場
(https://www.homepro.jp/hiyou/
total/mansion.html)

部分別費用相場

水まわりや居室のリフォームにかかる費用相場をご紹介します。

水まわり

キッチンのリフォーム

(中心価格帯:60〜90万円、目安価格帯 〜120万円 )
家庭内では最も作業の時間が長い場所がキッチンです。生活導線を第一に考えましょう。

関連記事:マンションでの水廻りリフォームの費用相場やポイントを紹介

浴室のリフォーム

(中心価格帯:80〜100万円、目安価格帯60〜120万円)
断熱仕様のものは快適になるだけでなく、コストを削減に繋がる場合があります。

関連記事:マンションでの水廻りリフォームの費用相場やポイントを紹介

トイレのリフォーム

(中心価格帯:20〜30万円、目安価格帯10〜40万円)
メーカーの希望がない場合は、「温水便座」「ウォシュレット」などの機能を選択し、リフォーム会社から提案してもらうのがオススメです。

洗面のリフォーム

(中心価格帯:20〜30万円、目安価格帯10〜40万円)
既製品の洗面台ユニットは使わずに、気に入ったボウルや蛇口などにすることもできる部分です。

居室

リビングのリフォーム

(中心価格帯:50〜100万円、目安価格帯 〜100万円)

おすすめのリフォームの一つはあまり使っていない部屋の間仕切りを撤去し、リビングを広くとるという方法です。

ダイニングのリフォーム

(中心価格帯:30〜60万円、目安価格帯 〜60万円)

汚れやすいこともあるので床は掃除のしやすいフローリングや畳、タイル敷きがおすすめです。

寝室のリフォーム

(中心価格帯:20〜40万円、目安価格帯 〜40万円)

収納するもののサイズに合わせた収納やウォークインクローゼットを造作するとより快適に暮らせます。

玄関のリフォーム

(中心価格帯:10〜20万円、目安価格帯 〜20万円)

ガラスブロックやタイルを使用することで大きイメージを変えることが可能で、比較的低コストでオリジナル感をつくることもできます。

引用元:ホームプロ/フル(全面)リフォームの費用と相場
(https://www.homepro.jp/hiyou/
mansion.html)

マンションリフォームの見積もり書の見方

見積もり書はどこをチェックすべきでしょうか?しっかりと確認すべきポイントをまとめました。

見積もり書の見方の詳細を見る

リフォームでかかる設計料

リフォームを行うためには必ず図面が必要になります。その図面を作成するための業務があるため、設計料が発生します。設計料についてまとめました。

リフォームでかかる設計料の詳細を見る

マンションリフォームにかかる工事費以外の諸経費

リフォームの見積り内訳にある諸経費とはどのようなものでしょうか? 一言でいうと諸経費とは一般管理費のこと。その一般管理費についてまとめました。

マンションリフォームにかかる工事費以外の諸経費を見る

ニーズ別おすすめリフォーム会社3