東京での理想の住まい造りをマンションリフォームで! 目的別から選ぶリフォーム会社/業者ナビ

マンションリフォームにかかる税金

住宅を購入するときのように、リフォームでもバリアフリー化・省エネ化・エコリフォームなどの工事で、補助金や減税を受けられることがあります。そのような支援を利用できる制度についてまとめました。

マンションリフォームで受けることができる優遇減税

リノベーション・リフォームで受けられる優遇減税とはどんなものでしょうか? 減税対象となるリノベーション・リフォーム工事の内容・要件は次の5つです。

以上の工事において一定の要件を満たす住宅をリフォームすると利用できる減税制度があります。その減税とは次の5つです。

その他リフォーム時にできる節税

リノベーションやリフォームが済んでいる住宅を購入することで受けられる減税もあります。

固定資産税

対象となるリフォームを行うと固定資産税の減額を受けることができます。また、親などから資金援助をしてもらいリフォームする場合には、一定要件を満たせば贈与税が非課税になる制度などもあります。対象となるの以下のリフォームです。

減額を受ける場合は上記のリフォームを行う場合でも何でも良いわけではなく、いつ造られた建物か、などの条件を満たすことが必要となる場合があります。自分たちが当てはまっているのか、早めに税務署などで確認してみましょう。

所得税

所得税は投資型減税、ローン型減税、住宅ローン減税の3つがあります。「バリアフリー」「省エネ」「同居対応」「長期優良住宅化」におけるリフォームで、一定要件を満たしているものが対象となっています。ローンを利用しているかなどの違いによっても、併用できるものとできないものがあって選択しなければならない場合も。どれが該当するのか、どうやったらおトクになるのか事前に調べましょう。また、分からない場合には早めに税務署などに確認しましょう。

印紙税

契約書には記載された金額に応じた収入印紙を貼る必要があります。その契約金額によって軽減税率が決められています。これには、住宅のリフォームをリフォーム会社に依頼して建設工事請負契約書(一般的な呼称)が作成される必要があります。印紙税の額は、契約額が300万円超500万円以下であれば2,000円、500万円超1,000万円以下であれば1万円と定められています。軽減税率は印紙税の額が2,000円の時は1,000円などと、その金額によって割合が異なります。

ニーズ別おすすめリフォーム会社3